宅配の糖尿病食のなかでも和食メニューが一番

適した食事をとろう

食事の種類のなかでも有名なのが、和食と洋食です。そして、病食に向いているのは和食だと言われています。まずは、和食と洋食の違い位について勉強していきましょう。

和食と洋食の違い

和食の場合

和食は洋食に比べてカロリーが低いと言われています。基本的に和食の方がヘルシーな食事を摂取できるでしょう。無駄なカロリーの摂取を防げます。

洋食の場合

洋食は和食に比べるとカロリーが高めとされています。洋食は基本的に肉類を使った料理が多いので、和食よりも脂質も増えてしまうのです。

宅配の糖尿病食のなかでも和食メニューが一番

料理

バランスが良い

基本的に和食は、主食と主菜、副菜のバランスが良いことで知られています。そのため、栄養バランスも整いやすいのです。糖尿病食の宅配サービスの中でも和食が人気な理由として、バランスの良さが挙げられます。

宅配便

摂取カロリーが低い

和食は野菜や魚介類を使うことが多いので、自然とカロリーも抑えられます。一日の摂取カロリーを気にしている糖尿病患者にとっては、とても嬉しい要素なのです。摂取カロリーが低いことから、和食が多くの人に選ばれています。

箸

味が薄くなり過ぎない

ダシなどを使うことが多い和食は、塩分を控えてもしっかりと味が付きます。薄味になり過ぎないのも、糖尿病食で和食が人気の理由と言えるでしょう。きちんと味の付いた和食であれば、食事を美味しく頂けるのです。

美味しくてヘルシー

和食は低カロリーで栄養バランスが良く、なおかつしっかりと味を楽しむことができます。美味しい病食が食べたい人にとっては、とてもありがたい存在なのです。

広告募集中